不動産業界の業務効率を改善する存在

不動産業界の業務自動化をRPAで実践しているのが不動産コボットです。
今まで人力で行われていたこのような業務を自動化する事がこれからの鍵を握っていると言われています。
検針票を元にして電力会社に空室物件の電力状況を紹介して電力使用量を出力します。
こうすることによって算出したデータを転記することまで行なってくれるため、業務を効率化する事が可能になるのです。

また、修繕依頼の対応も行います。
入居者からの電話連絡で最も多いものが修繕依頼ですが、不動産コボットではこの業務をチャットボットによって対応します。
このような対応は24時間365日受付を可能にするので入居者の不安を軽減させます。
また、受付をする人員に対するコスト削減をすることも可能になるため、その分の余剰リソースを他の部署に回す事が出来るのです。

このように、ロボットを使った作業効率の向上は現在の働き方改革を推奨する環境も手伝って次第に広がりを見せています。
また、新しい生活様式が進められているのも影響しているようです。
人手不足に慢性的に悩んでいる日本の労働状況を変化させるのは、不動産コボットのような存在なのかもしれません。
このような存在を早急に利用する事ができる企業が、これからの日本を切り開いていくのでしょう。