太陽光発電は新エネルギーに

東日本大震災時の福島原子力発電所事故以来、日本の電力政策は迷路に入ったように思えます。
石油依存、ガス依存では価格が高く、多くの人たちに生活に悪い影響を与えているのでしょう。
簡単に安いシエールガスの輸入は、始まらないと思いますので。
ですがこれら燃料は、あくまでも輸入に頼ると言う行為になってしまうのでした。
輸入とは、その国の事情で止まってしまうことも考えられます。
安定供給を望んでも、出来ないことも有り得ると思うのです。
そんな時、自己対応の出来る太陽光発電の設置が良いと考えるのです。
今の状況は、電気料金も高いことから思うような結果を見い出せないと言う方もいるようですが、長い期間、遠い将来を考えるとこれほど安心出来、信頼出来るエネルギーはないのです。
誰にも邪魔されることなく、自然の力で供給出来るエネルギーですから、一度取り付けることで、長期に渡り安定供給が可能になるのでした。
新エネルギー計画とも呼ばれる太陽光発電、環境問題も起きることなく安全・安心な電力になるのです。